ブログ

天才と凡人の違い!平凡を寄せ集めて才能にする方法!


先日、ブログ講師のお仕事で、ある人のサポートをしていたところ、その方がこんなことを言いました。

「才能がある人は良いんですけど、何の才能も無い凡人には…」

私は「また始まった!」と思い、ついその発言を遮って、強くこう断言してしまいました。

「世の中に才能が無い人なんていないです。自分を凡人だって言う人は、自分の才能を知らないだけですよ!」

その時はそれくらいの言い方しかしませんでしたが、私は”自分に才能が無い”と言う人は、見つける努力と磨く努力を怠っているか、失敗して傷付くことから逃げているだけだと考えています。

人間は誰でも、天賦の才と個性を与えられています。だから、誰でも天才になることができるんですよ!そのためには、凡人と天才の違いを知ることから始まります。

というわけで、今回は天才と凡人の違いと、天才になるための方法をお伝えします。

スポンサーリンク



天才とはどういう人?

天才と言うとどんな人をイメージするでしょうか?きっと才能に溢れた人をイメージするのではないでしょうか?

スポーツ選手ならイチロー、芸能人なら北野武さん、経営者であればスティーブジョブズとかでしょうか?

彼らの実績を見ると、その才能にただただ圧倒されるだけかもしれませんね。でも、多くの人はそれを見て、自分にはそのような才能は無いと思いこみます。でも、そのような天才的な人の才能は、最初から備わっていたんでしょうか?どのようにして、その才能が見に着いたんでしょうか?

そこをちゃんと理解することが大切なんです。

天才はみんな凡人だった

例えば、イチローは高校時代、野球部の練習が終わった後も、バッティングセンターに行って、練習をしていたそうです。

当たり前ですが、天才と言われる人は、みんな努力しています。

しかし、これって見方を変えると、その人も努力してなければ、才能は開花しなかったということです。

何の努力もしなければ、イチローだって平凡なままで、プロ野球選手にすらなれなかったのではないでしょうか?

絶対に言えることは、どんな天才でも、最初は凡人だったということです。みんな自分の才能の種を見つけて、育て上げて開花させたってことです。

まず一つ目の違いは、天才はみんな自分の才能を見つけて、必ず花開くと信じて、努力し続けたということです。

つまり、この3つが大切です。

  1. 才能の種を見つける
  2. 花開くと信じる
  3. 花開くまで努力する

そして、凡人のままで終わる人には、見つけることが欠けている場合がほとんどです。

さらにもっと言うなら、既にある程度磨かれた才能は、誰にでも存在します。でも、それを才能と信じていません。”才能だと気付いていない”と、言い換えられるかもしれません。

でも、ここまでなら、きっと言われなくても、理解できると思います。

実は天才と凡人を分ける要素には、もう一つの重要なものがあるんです。

天才はみんなユニーク

天才にはみんなユニークな要素があります。この記事にも書きましたが、実は天才はみんなある意味、変人です。

例えばイチローは、生涯の安打数の世界記録を持っています。

そのイチローがあるインタビューで「もしあなたがホームランを打つことを狙ったら、何本打てますか?」という質問を受けたときがありました。その時のイチローはリップサービス的に「打率が2割2分で良いなら、40本と言っておきましょう」と答えました。

年間40本を打てたら、確かに一流のホームランバッターですね。でも、それくらいのホームランを打つバッターは、メジャーリーグにはたくさんいます。

彼はホームランではなく、ヒットを打つことや守備の技術を磨くことで、超一流の選手になりました。そのような選手は、メジャーリーグにはあまりいません。

また、イチローのバットは、極端に”芯”の部分が小さくなるように作られていたそうです。理由は、”芯”を外した打球は、ファウルになりやすいからだそうです。

凡打になって、打ち取られるくらいなら、ファイルになった方が良いという考え方です。彼は自分の思った通りの打球を打つ技術を磨きました。こんなバッターは、イチローだけです。

もちろん、バットの芯でとらえるバッティング技術力が無ければ、こんな事真似できません。しかし、ポイントは彼は当時のメジャーリーグでは、とてもユニークなバッターだったということです。

これが天才と凡人の違いの2つ目です。

天才は自分の才能を、ユニークな方向に活かしているということです。

つまり、この2つをまとめると、天才と呼ばれる人の正体が分かってきます。

スポンサーリンク



天才の正体とは?

イチローみたいな偉人を例に出すと、やっぱり真似できそうにないと感じるかもしれません。

でも、芸能人で見ていくと、実は分かりやすい人はたくさんいます。

分かりやすい例で、ボビーオロゴンさんや、みやぞんさんを見ていきましょう。二人とも芸能界で人気のあり、たくさんの才能を持っている人です。

でも、彼らの才能を分析してみると、程よく卓越した才能と程よくユニークな特徴を持っていることが分かります。

程よく卓越した能力

例えば、ボビーオロゴンさんの場合は、日本語のスキルユーモアのセンス格闘技という3つの能力があります。

でも、もっと上手に日本語を話せる外国人はたくさんいますユーモアのセンスもお笑い芸人には、比べられるものではないはずです。

また、いかに強いと言っても、格闘技の世界では、もっと強い人はたくさんいます

みやぞんさんの場合は、お笑いの才能(天然ボケ!?)、音楽の才能卓越した身体能力があります。これらの才能は、どれも凡人とは比べられない、素晴らしいものですが、やっぱりそれを上回る人はたくさんいますよね?

天才的に見える人でも、個々の能力を見てみると、程々であることが分かるはずです。

程よくユニークな特徴

ボビーオロゴンさんも、みやぞんさんも、ほど良くユニークです。

ボビーオロゴンさんは、ナイジェリア出身です。当たり前ですが、日本人の誰にも真似できないユニークな属性です。

みやぞんさんの場合は、お笑い芸人ではありながら、ネタ番組やトーク番組ではない分野で活躍しています。

これらもユニークではあるのですが、他にもこのようなユニークさを持っている人はたくさんいます。

しかし、程よい能力と合わさることで、他にはいない天才的なキャラクターを作り上げています。

こうして見ると、天才は自分の中の程よい能力とユニークさを上手に組み合わせただけだということが分かります。

そう考えると、自分も天才になれそうだと思えてきませんか?

というわけで、次は自分を天才にする方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク



才能の作り方

天才になるためには、自分の中に才能を作らなければいけませんね。

そのためには、アメリカの有名なコピーライター、ジェームス・W・ヤングの有名な言葉が役立ちます。

「アイデアとは、既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」

実は才能を作ることも、これの応用です。

自分の中に存在する、能力やユニークさを見つけるだけです。

具体的にはこの3つです。

才能の作り方

  • “凄いですね”と言われるもの
  • “珍しい”と思われるもの
  • 人には絶対に真似できない限定的なもの

これらがどのようなものを指すのかを、順番に説明しますね。

“凄いですね”と言われるもの

他人に話した時に、“それは凄いですね!”と言われるものをリストアップします。

例えば私ならこのようなものです。

  • 大手携帯電話会社での20年間のシステム開発経験
  • ブログ運営の実績

大切なことは、“自信が無い”“大したことない”という気持ちを捨てることです。

客観的に見て凄いと思うことは、全部書き出します。

“珍しい”と思われるもの

人から“珍しい”と思われることをリストアップします。

私ならこのようなことです。

  • 地方移住の経験
  • 家庭菜園をやってること

趣味や特技など、このあたりはきっとたくさんあるはずです。

とにかくたくさん洗い出しましょう

人には絶対に真似できない限定的なもの

最後にもしあれば、他人には絶対に真似できない、自分独自の要素も洗い出してみてください。

私の場合ならこのようなことです。

  • 大きな心臓の手術を2回経験
  • クリスチャンであること

こんなもの役に立つだろうかと思えることでも、人には絶対真似できないことであれば、残らず洗い出してみてください。

あとは組み合わせるだけ

こうして洗い出したものは全て、既存の要素です。

あとはそれらを組み合わせて、人から“凄い!”とか“それイイね!”と言われるような組み合わせを考えるだけです。

私の場合ならこうです。

私の場合の才能!

  • 大手携帯電話会社を辞めて独立
  • 地方移住して持続可能なライフスタイルを実践
  • ブログ講師としてキャリア形成のお手伝い

どれも1つだけなら、現代の日本なら、たくさんいそうですよね?

でも、3つを組み合わせると、人から羨まれる”才能”になっていきます。

他の要素も組み合わせたら、もっと天才的に見えるかもしれませんね。

ぜひ、あなたもやってみてください!

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回は天才と凡人の違いを紹介しました。

私たちは天才の圧倒的な才能と実績にばかり目が行きがちです。しかし、実際には最初から天才だった人はいません。

必要なことは、ただ一つ、既に自分の中にある要素を組み合わせて、才能を作り出すことだけです。

というわけで、その方法をまとめておきます。

才能の作り方のまとめ

  1. 人から凄いと言われそうな、程よい才能を洗い出す
  2. 人から珍しいと思われることを洗い出す
  3. 人には真似できないことを洗い出す
  4. これら3つを組み合わせる

自分は凡人だなんて言う人は、才能を作るこのちょっとした努力を怠っているだけです。

ぜひ、あなたもこれをやって、天才になってくださいね!

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

PAGE TOP