プロフィール

私は齋藤陽一といいます。

1975年生まれの40代のおじさんで、現在は宮城県仙台市で、妻と2人暮らしです。

普段はブログ運営とブログ運営の講師をやりながら、自宅の庭の家庭菜園で野菜を作るのんびりした生活をしています。

今の生活でも十分幸せなんですが、将来は自分の田んぼや畑を持って、電気も自給したいなぁなんて考えています。そして、田舎に週3日くらい営業の古民家カフェを作りたいなぁなんてことも考えています。

このように私は、雲のように何の計画も無く、自由気ままに生きているのが性に合ってる、の~んびりした人間です。でも、こうなるまでには色々と遠回りしてきました(^^;

私も典型的な日本型サラリーマンでした

私は大学では電子工学を専攻し、卒業後はずっとシステムエンジニアという、理系人間でした。

出世なんてものには全く興味は無く、自分が作ったシステムが、世の中の役に立つことが楽しかったです^^

そんな自分の好きなシステム開発で、もっと、大規模で社会に貢献できるシステム開発がしたいと考えて、何度か転職もしました。野望を果たすとか、良い給料が欲しいなんて理由ではなく、ただもっと面白いシステム開発がしたかっただけです。私は一生マイペースに、システム作りができれば、それで満足だったんです。

しかし、激動の日本社会がそれを許してくれませんでした。

私が最後に勤めていたのは、携帯電話業界最大手のNTTドコモのIT部門のグループ会社でした。

携帯電話市場は既に飽和状態なんです。市場全体では、これ以上新規契約者が増えることはありません。他社と客を奪い合うだけの競争は過酷です。

素早く低価格でサービスを提供するために、低予算かつ短期間で開発を進めなければいけません。関係部門やシステム開発会社に、無理難題を要求するのは辛いことでした。

「齋藤さんは優しい人だよね…」

ビシッと要求を伝えられない私に対して、上司からそう言われたこともありました。

でも、それをすることで、他人にプレッシャーをかけるのができませんでした(-_-;)

そして、自分自身も過酷な環境の中で疲弊していきました。

しかし、それをやらなければ、auやソフトバンクを始めとしたライバルには勝てません。やらなければ、同僚たち、そして会社全体に損失が出ちゃいます。

悩みながら、仕事を続ける日々でした。私の同僚たちの多くも同じような悩みを感じているか、感じないように自分の気持ちに蓋をしているようでした。

そんな日々の中で、私は、定年退職まで働き続けることがイメージできなくなってしまったのです。

ここで誤解が無いようにお伝えしておきたいんですが、NTTドコモという会社自体も、このような過酷な労働環境を決して野放しにしてません。

メンタルヘルスに関する社員研修は、定期的に行われています。過重労働にならないように、残業時間の上限もしっかりと管理されています。

上司たちも部下の心身の健康状態には、細心の注意を払い、ケアしてくれています。

これほどの“ホワイト企業”でも、労働環境は厳しくなってしまいます。全ては競争が激しすぎる携帯電話業界に原因があるのだと痛感しました。

パワハラなんてありません。やらなければ生き残れないので、みんな仕方なく自分にも他人にも無理を要求するわけです。

もはや、どんなに社員の健康状態をケアしても、『競争に勝ち成長を目指す!』という経営方針である限り、変わることは難しいと思います。そして、これはNTTドコモに限った話ではありません。

これじゃあ、戦場と同じですよね?ごく当たり前の経済活動も、あまりに行き過ぎると、生きるか死ぬかの戦場と同じになっちゃうんです。

でも、私がしたかったのは、好きなシステム開発の仕事です。ライバルを倒してNo.1になりたいわけじゃないんですよね。もちろん、競争に勝って生き残らなければ、システム開発の仕事自体が出来なくなる可能性だってあります。そんな甘い考えじゃ、ダメだっていう意見もあるでしょう。

しかし、それでも私は、競争に勝つことは自分の人生のゴールとは、違うと考えました。

そこで、自分に合った新しいライフスタイルを実現しようと考えました。とにかく早くサラリーマンを辞めたかった私は、あまり深く考えず「別の収入源ができれば、選択肢の幅も広がるだろう」と考えて、副業でできるスモールビジネスを探し始めました。(このようなスモールビジネスを、今の世の中では”ナリワイ”と呼ぶようです。⇒ナリワイをつくる: 人生を盗まれない働き方 (ちくま文庫))

まぁ、ここまでは良くある話ですよね(^^;今振り返って、私自身が思うのは『副業を始めるというのは、悪い考えじゃないけど、まず最初にやった方が良いことがあったよな~』ということです。それをしてれば、遠回りして、悩むことは無かったのにって思います。

でも、当時の私にとっては、とにかく早く行動を始めたかったんです。考えて何もしないよりも、直感に従って行動した方がマシなので、まぁ、それでよかったとは思いますけどね。

サラリーマンを辞めて地方移住を目指し始めた私

というわけで早速、私は会社を経営している友人など、様々な人たちからアドバイスをもらいました。

最初に話を聞いた友人たちは、会社経営をしている人たちでした。みんな凄すぎて、自分にはとても真似できないと思いました。

しかし、一人だけ、インターネットで物販ビジネスをしている友人がいました。『これなら自分にでもできそうだな!』そう思った私は、インターネットの物販ビジネスを始めました。

ところが、私には物販ビジネスは無理でした。なぜなら、やりがいを感じないからです。システム開発なんて仕事が好きな私にとって、安く買って高く売るというビジネスはつまらなかったんです。

インターネットを使ったビジネスは自分には合ってるけど、物販以外で何かいい方法が無いかなと、改めて探し始めました。

その結果、見つかったのがブログ運営でした。これならサラリーマンを続けながらでも、好きな時間にできます。自分の意見や考えを、世の中に発信するのも、楽しんでできそうだと思いました。

というわけで、私はブログ運営を始めました。そして、忍耐してコツコツと記事を書き続けた結果、サラリーマンを辞めても大丈夫な収入が得られるようになり、遂に会社を辞めて、仙台に引っ越すことができました。

これって、凄いことでしょうか?実は私自身、今ではこんなの何も凄いとは思えません。

だって「ブログで稼いで、サラリーマンを辞めることができた!」とか「アフィリエイトで稼いで就職しないで済んだ!」なんて人は、既に大勢いるからです。

Googleで「ブログ 脱サラ」なんてキーワードで検索すれば、メチャクチャたくさんの人のブログが出てきます。

でも、本当にその人たちは、みんな今の生活に満足しているのでしょうか?そうだとしたら、私はその人たちはみんな凄いと思います。

なぜなら、ブログで脱サラを実現した私自身が、全然満足できなかったからです。

ブログ運営は好きでしたが、自分のライフワークだとは思えませんでした。収入だってGoogleの検索アルゴリズムの変更のたびに、激しく上下動します。将来の生活はいつも不安です。

私の問題は、本当に自分が実現したいライフスタイルが分かってない事でした!とりあえず、収入がたくさんあれば、人生の選択肢が増えて、ほとんどの問題が解決すると信じていました。

しかし、実際にはお金を稼ぐのは、とても大変です。収入が無くなるかもと思うと不安になりました。つまり、お金稼ぎ自体が私の悩みになって、人生の満足度を大きく下げていたんです。

他にも私にとって重要なことは、やりがいを感じることができるライフワークを持つことでした。ライフワークが無いことも、満足度を下げる大きな理由だったんです。

Good Enoughで行こう!

私にとっては、”稼ぐために頑張り過ぎ”なのと、”仕事にやりがいを感じられない”ことが問題でした。

ブログで稼いでサラリーマンを辞めることができたのは、悪いことでは無かったです。以前のライフスタイルとは比べ物にならないくらい、良いものでした。

しかし、大変な生活から抜け出したい一心で、自分が満足できるライフスタイルが、どのようなものか?ゴールになるライフスタイルのイメージが分からないまま、突っ走ってました。

ゴールが分からないまま、スタートするなんて変ですよね?でも、私を含めて多くの人が、自分が目指すべきライフスタイルが分からずに、行動を開始します。

そして、メチャクチャ頑張った結果、思っていたのと違うと感じてしまうんです。

“思っていたのと違う”というのが、人によっては住む場所や、生活の安定性かもしれません。

ポイントは、自分が満足できる生活の条件は人それぞれだということです。色々な条件が、ちょうど良くバランスが取れた状態になることで、満足した生活ができるんです。

だから、何があれば”ちょうど良い生活”が実現するのか?最初にハッキリさせてから、行動を開始することが大切なんです。

やっとそれに気付いた私は、自分にとってのちょうど良い生活、すなわちGood Enough Lifeの追求を始めたんです。

私はGood Enough Lifeアドバイザーです!

私は自分にとってのGood Enough Life(長いので、以降はGELと略しますね)がどんなものかを改めて考えてみました。

私にとって、最も重要なのは、やりがいを感じられるライフワークです。そのためなら夢中で努力できます。

お金はライフワークを作ることができたら、自然に稼げると考えました。

そして、私が考え出したのがGELアドバイザーという仕事でした!

私がそうであった通り、GELって自分自身でもよく分かりません。ほとんどの人は、自分のGELが分からずに、試行錯誤と迷走を繰り返します。その結果、GELを実現できれば、まだ良いです。でも、多くの人は、思った通りにならず、諦めてまた元の生活に戻ってしまいます。

問題は自分の頭の中で考えても、GELの具体的なイメージを持つことが難しいことです。しかし、GELを実現している色んな人のライフスタイルを見れば、自分のGELのイメージに近い人が必ず見つかります。

実は自分のGELを知るには、このように実際に色んなGELを実現している人からアドバイスをもらうのが、最も手っ取り早いんです。

そして、GEL実現のお手伝いをするのが、GELアドバイザーです!

あなたのGood Enough Lifeは何ですか?

あなたが欲しいのはお金じゃないですよね?自由な働き方や地方移住がしたい人は、それが目的ではなくて、そのことで何かを実現するのが目的のはずです。

その”何か”あなたにとってのGELだと思います。お金も時間も住む場所も、GELを実現するための手段ですよね?

それにも関わらず、世の中の多くの人は”手段”のためにメチャクチャ頑張ります。それがどれだけ変な事かが、分かっているはずなのに、夢中になると客観的に自分を見ることができなくなります。

あなたが、本当にGELを実現したいのであれば、ちょっとだけ立ち止まって、今のあなたを客観的に見れる人からアドバイスを聞いてみませんか?

自分のGELが分かるだけでも、多くの悩みやモヤモヤが解消されますよ(*^^)v

GELがどのようなものか?なぜ、それが重要なのかが知りたければ、こちらに詳しく書いてあります。
Good Enough Lifeとは?

あなたとお話しできるのを楽しみにしています!

略歴

  • 1975年
  • 埼玉県和光市に生まれです。

  • 1980年
  • 東京都新宿区の高層ビル群のすぐそばに引っ越す。それ以降、ずっと東京で生活。生粋の都市生活人でした。

  • 1997年
  • 東京電機大学電子工学科卒業。卒業後はシステムエンジニアとして、主に通信会社のシステム開発に従事してきました。

  • 2017年
  • ドコモシステムズ株式会社を退職して、程なくして宮城県仙台市に移住しました。仙台はGood Enoughな街です!

  • 2018年
  • TLICのサイトを開設して、現在は世の中の人のちょうど良いライフスタイル実現のお手伝いをする、GELアドバイザーとして活動中です。

実績

  • ブログ運営
  • 5つのブログを運営中です。過去には、100万pv/月を超えた実績があります。

  • ブログ運営講師
  • PRIDEというメンバー数が、4,000人以上のブログ運営者のコミュニティで、ブログ講師をしています。

  • 現在
  • ブログ運営とブログ講師をしながら、Good Enough Life実現を目指す人のお手伝いをする、GELアドバイザーをやっています。

  • 保持資格
  • Webライティング能力検定1級

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

Good Enoughで行こう!

PAGE TOP