ブログ

サーチコンソールの設定方法!初心者向けに新バージョンの手順を解説!


ブログ運営にはいくつか欠かせないツールがあります。

サーチコンソール(Google Search Console)もそのうちの一つです。

サーチコンソールは自分の書いた記事をGoogleにindexさせたり、自分の記事の検索状況などを把握するために必要なツールです。

ブログ運営には絶対に必要なツールです!

でも、設定方法は分かってしまえば5分で完了なんですが、初心者には結構難しいものです。

そこで、この記事では初心者でも簡単にできるサーチコンソールの設定方法を解説します。

新バージョン対応版の内容ですよ!

スポンサーリンク



サーチコンソールの機能

サーチコンソールっていったい何に役立つんでしょうか?

実は設定したからといって、すぐに役立つものでもありません。

でも、その効果はジワジワと出てくるんです。

世の中の人は、ブログの記事を読むために、Googleなどの検索エンジンで検索します。そして、検索結果に出てきた記事の中から自分が読みたい記事を読むわけです。

でも、そもそもなぜ自分が書いた記事が、検索結果に出てくるんでしょうか?やはり、何かの方法で自分が書いた記事の存在を伝えてあげなければ、Googleでも記事の存在を知ることはできません。

サーチコンソールには自分が書いた記事の存在を、Googleに通知する機能があります。これをインデックスさせるなんて言います。

他にもインデックスされた記事が、どんなキーワードで検索されて、何回検索結果に表示されたかなんて情報も確認できます。

特に検索されているキーワードは、重要な情報なので、そのような情報を集めて、記事を手直しすると、更にpvをアップさせることができます。

時間が経てば経つほど、価値があるデータが蓄積されるので、必ず最初に設定しておいてください。

というわけで、次はサーチコンソールの設定方法を説明していきます。

スポンサーリンク



サーチコンソールの設定方法

サーチコンソールの設定は、ものの5分で完了してしまいます。

でも、正しいやり方を理解してないと、予想外に手間取ってしまいます。

まずは、基本的な設定手順を、この動画で説明しているので、これに従ってやってみてください。

この手順では、Google Analyticsのトラッキングタグによる方法と、metaタグをheader.phpに書き込む手順を紹介しています。

しかし、他にもいくつか方法があります。

場合によっては、それらの方が簡単な場合もあるので、紹介しておきます。

スポンサーリンク



おすすめの所有者確認の方法

ここでは、いくつかある方法のうち、簡単でおすすめなものを紹介します。

動画で紹介している物も含めて、次の4つがおすすめです。

  • Google Analyticsのトラッキングコード
  • HTMLファイル
  • metaタグを記載する
  • All in One SEOを使う

順番に説明しますね。

Google Analyticsのトラッキングコード

動画の中で、最初に紹介している方法です。

Google Analyticsのトラッキングコードが、既にブログに埋め込まれていれば、サーチコンソールの設定時に自動で所有権の確認が済んでしまいます。

最も簡単な方法なので、最初にこちらの記事を読んで、Google Analyticsの設定を完了させておくと良いですよ!

HTMLファイル

この方法はブログサイトのルートディレクトリに、所有権確認用のファイルをアップロードしておく方法です。

ファイルの中身はこんな内容の、1行だけのファイルです。

所有権確認用ファイルは、サーチコンソールのサイトからダウンロードできるので、これをFTPなどを使って、そのままアップロードすればOKです。

通常は「/[ドメイン名]/public_html」がルートディレクトリのはずなので、そこにアップロードしてみてください。

FTPでアップロードするだけで、PHPファイルなどの編集もいりません。最もリスクの少ない方法です。

metaタグを記載する

動画で紹介している方法です。

サーチコンソールのサイトで示されるmetaタグを、”</head>”の直前に記述する方法です。

WordPressの管理画面で、編集することができるので、難しい知識が必要無い方法です。

しかし、編集のやり方を間違えると、画面が真っ白なんて緊急事態にもなりかねない方法です。

手軽なんですが、知識の無い人には、リスクが高い方法です。そこで、おすすめなのが、次の方法です。

All in One SEOを使う

もし、”All in One SEO pack”をインストールしているのであれば、実はこれを使うのが最も簡単です。

All in One SEOの一般設定の中に「ウェブマスター認証」という項目があります。

その中の”Google Search Console:”の欄に、metaタグを記載すれば、自動で”</head>”の直前に挿入してくれます。

All in One SEOを使用するのであれば、これが最も安全で手軽な方法です。

このように色んな方法があるので、自分に合った方法で所有権確認をしてみてくださいね!

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はサーチコンソールの設定方法を解説しました。

最初のうちは、記事をインデックスさせるくらいしか使い道がありません。

でも、数か月後には貴重なデータが蓄積されるようになります。

ブログの運営方針を考える上で、とっても有益なものです。

サーチコンソールは、必ず設定して活用してくださいね!

スポンサーリンク


あなたの頑張りは正しいでしょうか?

あなたは「頑張ってるのに、思い通りの生活ができてない!」なんて感じてませんか?もし、そうならこちらをご覧ください!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

Good Enoughで行こう!

PAGE TOP