ブログ

もしもドラえもんが家にいたらどんなビジネスをするか考えてみた!


『もし、ドラえもんがいたら…』日本人なら誰でも、考えたことがあることなんじゃないでしょうか?

もちろん、私も考えたことがあります。ていうか、大人になった今でもよく考えます。


※画像をクリックするとAmazonに飛びます。

でも、考えるのは”どんなひみつ道具が欲しいかな?”なんて、ことじゃありません。

やはり、私が考えるポイントは「どうやったらビジネスにできるかな?」ってことです(笑)

そこは、悪知恵の働く大人の私なので、もし家にドラえもんがいたら、お金稼ぎにも協力してもらいたいかなと…。

で、どうやってお金儲けしようかと考えたのですが、よくよく考えると、非常に制約が多いことが分かりました!

ていうか、ドラえもんが家にいたら、平和な生活するのは無理だと思いますよ…(*_*;

というわけで、今回はもしもドラえもんが家にいたらどんなビジネスをするかを、真面目に考えてみます。

スポンサーリンク



ドラえもんでビジネスするための前提

ドラえもんのひみつ道具でお金儲けするとしても、あくまでもドラえもんは大切な友達です。

大切な友達である、ドラえもんが嫌がることや、危害が及ぶことはしないこととします。

この前提に基づいて、大真面目に考えると、実は色んな問題があることが分かります。

その中でも、最も留意しなければいけないのが、ドラえもん自体や、ドラえもんのひみつ道具の高度な技術です。

これをいかに守るかが非常に重要になってきます。

テロリストから守る必要がある!

ドラえもんのひみつ道具の一つ一つには、高度な技術が詰まっています。

また、ドラえもん自体も、人間と同じような高度な知能や、豊かな感情を持つロボットです。

こんな物の存在が知れ渡ったら、放っておかれるわけがありません。

海の向こうには、テロ行為や暗殺、拉致を厭わない国が存在します。

ドラえもんの存在が、カリアゲ頭の某将軍様に知れたら、拉致されかねません(*_*;

柔道が趣味で、筋肉自慢の某大統領だって、何をするか分かりませんよね…。

そう考えると日本政府だって、信用できません。

色んな理由を付けて、ドラえもんを政府の管理下に置かれちゃうかもしれません。

大切な友達を危険にさらさないためには、ドラえもんの存在を極秘にしておく必要があります。

ていうか、これって、原作漫画の設定を完全に否定していますね。それに、存在を極秘にしなきゃいけない時点で、ドラえもんにとって幸せな生活とは言えない気もしますが…(^^;

ひみつ道具や技術を盗まれないセキュリティ性が重要

安定したビジネスをするためには、ひみつ道具の技術や、ひみつ道具自体を盗まれないようにする必要があります。

そのため、ビジネスに使うひみつ道具は、次の2つの条件を満たす必要があります。

ひみつ道具の条件

  • 道具を貸したり、客の前で使うことは厳禁!
  • 高度な技術の存在を知られると、危険だからです。例えば、”タケコプター”は貸し出す必要があります。持ち逃げされる危険があるので、絶対ダメです!”どこでもドア”などは、実際に客にドアをくぐってもらわなければいけないので、これも絶対NGです!

  • ほど良い効果であること
  • 突拍子もない効果だと、高度な技術の存在を疑われるからです。例えば”もしもボックス”なんかは、自分の想い通りの世界が実現する、突拍子もない効果です。あっという間に評判になって、テロリストたちにすぐに狙われてしまいます。

大真面目に考えると、ひみつ道具を使うこと自体、実は非常に危険な行為なんです。

目立たないように、使用頻度も抑えてここぞという時に、使うことがベストです。

というわけで、使う道具は、厳選する必要があります。

『ひみつ道具を金もうけに使ってはならない!』は無視(笑)

実は、『ドラえもん』には、ひみつ道具をお金儲けに使うと、法外な罰金が科されるというルールがあります。

でも、登場人物たちの多くは、お金儲けではないものの、みんな私利私欲のために使ってますよね(^^;

それに、このルールを守ることにすると、そもそもここで話しが終わってしまいます。

そういうわけで、『ひみつ道具を金もうけに使ってはならない!』というルールは無視することにします。

以上の前提を踏まえて、ドラえもんのひみつ道具の中から、安全・安定にお金儲けに使えそうなものを選んでみました。

スポンサーリンク



最適なひみつ道具はコレ!

実はドラえもんの各エピソードって、バッドエンドになることが多いんです。

調子に乗ったのび太が、ひみつ道具の使い方を間違って、手痛いしっぺ返しを食う…。大体そんな終わり方をすることが、ほとんどです。

つまり、ひみつ道具は、調子に乗って使い方を誤ると、損害を被るリスクがあるわけです。そんなことも考慮に入れつつ、なるべくリスクの少ないものを選んでみました。

順番に見ていきましょう。

きこりの泉

真っ先に思い浮かんだのが『きこりの泉』です。

きこりの泉は、金の斧、銀の斧のお話しがモチーフになった効果があります。

きこりの泉の機能

この泉に物を投げ入れると、それの上位互換とも言える、素晴らしい品物を手にした女神のロボットが出てきます。

そして「あなたが落としたのは、この○○ですか?」と聞いてくるので、正直に「それじゃありません。」と答えると、その素晴らしい品物が貰えます。

どんなビジネスにする?

正直に答えさえすれば、確実に投げ入れた物より、良いものが手に入ります。

そこで、考え付いたのがリサイクルショップです。

いらなくなった物を買い取って、それを更に素晴らしい物にして、転売するのです。

不用品を持ち込んだ人に、そのまま販売しても良いかもしれませんね。

何のひねりもないビジネスですが、強力な効果があるひみつ道具をビジネスに使うのであれば、地味で目立たないものの方が、良いと考えました。

この道具のリスク

この道具のリスクは、まず自分が泉の中に転落してしまうことです。

原作の中でも欲張ったジャイアンがバランスを崩して、泉の中に転落してしまいました。

そして、代わりに出てきたのが、綺麗なジャイアンでした…。


※画像をクリックするとAmazonに飛びます。

泉の中に落ちたジャイアンは、彼自身の驚異的な泳力により、何とか脱出できたようです。

しかし、凡人ではそのまま溺死してしまうでしょう。

また、うっかり答えを間違えると、何も貰えず、投げ入れた物も返ってきません。

転落防止と解答ミスを無くすための対策が重要でしょう。

復元光線

次に見つけたのが、復元光線です。

でも、これも正直言って、地味かもしれません…。

復元光線の機能

『復元光線』は、壊れた物を、元通りに直すことができる光線を出す道具です。

壊れた物を何でも直せるという、単純だけど便利な機能です。

どんなビジネスにする?

この道具の機能をそのまま活かして、何でも修理する『何でも修理ショップ』なんてどうでしょうか?

これも何のひねりもありませんが、思い入れのある大切な物を、必ず直せるというのは、とっても大きいニーズがあると思います。

この道具のリスク

直すという機能だけなので、使い方も簡単です。副作用も特に考えられません。

とにかく、客が見ている目の前で、修理したりしなければ、問題無いと思います。

あとは、あまり大規模な修繕をしないことも、重要だと思います。

事故を起こした車とか、飛行機なんかを復元してしまったら、あっという間に評判になって、隠しきれなくなります。

とにかく、普通に直せそうなものを、素早く完璧に直すことを、付加価値にすることが大事でしょう。

フエール銀行

フエール銀行は、未来の銀行の携帯型のATMです。

実際に預け入れたお金には、利息が付くのですが、その利率がおかしなことになってます。

フエール銀行の機能

フエール銀行は預け入れたお金に、驚異的な利息を付けてくれます。

利率は1時間あたり、普通預金なら10%1ヶ月定期預金なら20%1年定期預金なら50%です。

1年定期預金の場合は、1時間後には1.5倍になるのです。

これは1円を1年定期預金で預けると、満期時には約3.6×10の1542乗(円)になる計算です。あまりに大金過ぎて、ピンときませんね…(^^;

ちなみに1ヶ月定期預金に1円を預けた場合、満期時には約10阿僧祇(あそうぎ)2446恒河沙(ごうがしゃ)(円)になります。…って、こんな分けわからない、単位で言われたって、ピンときませんよね(^^;

というわけで、数字で書くとこうです。

1024465067491574929652884296784700000000000000000000000000円

どういう運用している銀行なんでしょうかね。未来は資産運用の手法も進んでるんですねぇ…。

一応、融資を受けることもできるのですが、その利率も同じような無茶苦茶な利率です。でも、わざわざこんな高利で借りなくても、1000円くらい預けておけば、あっという間に天文学的な数字のお金が手に入りますけどね…。

どんなビジネスにする?

自分で1円預けて1ヶ月待っていれば、世界中のお金の合計額を遥かに上回る大金が手に入ります。

だから、フエール銀行でビジネスするというよりも、自分で増やしたお金で好きなことやれば、良いだけだと思います。

慈善活動をやったり、色んなビジネスに投資したり、なんだってできます。

ハッキリ言ってビジネスする意味ないですね(^^;

この道具のリスク

この道具のリスクは、増えたお金を一気に使うと、世界中の経済を破綻させることです。

また、宝くじの高額当選者の多くは、最終的には、破産していると言います。

こんな大金を手に入れたら、そもそも自分の将来が、危うくなるかもしれません。

このようなことを踏まえると、強い自制心でお金を使わないことが重要になるでしょう…。

スポンサーリンク



結論

というわけで、ビジネスをするなら、どんなひみつ道具が良いか考えてみました。

大真面目に考えた結論はこうです!

『ビジネスしようなんて考えず、四次元ポケットなど捨てるべき!』

一旦、ひみつ道具の存在がバレると、ドラえもんの身に危険が生じます。どんなに地味にビジネスをしても、やっぱりあっという間に、評判は広まってしまうでしょう。

そうなると、最初に書いた通り、恐ろしい人たちが、ドラえもんを狙いだします。

それを考えると、大切な友達であるドラえもんを守るためには、四次元ポケットの中身なんて、無い方が良いのです!

やっぱり、ひみつ道具に頼らないビジネスが一番ですね…。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

Good Enoughで行こう!

PAGE TOP