ライフチャートを作って自分のあり方を客観視しよう~Beingの探し方 | Being
Youtube Subscribe

やふひち

世界一祝福されていると自負するクリスチャンのアラフィフ男です。先天性の心臓病を抱えながらも、9歳の男の子を特別養子縁組で迎え、愛犬に顔を舐め回されながら、家族と楽しく暮らしています。

公開日:

ライフチャートを作って自分のあり方を客観視しよう~Beingの探し方

人は誰でも、自分の理想の人生の実現を目指して、生きていると思います。しかし、どうすれば理想に近付くのかを、具体的に分かっている人は、あまり多くないみたいです。

Beingは自分が満たされるための条件、あり方です。Beingが継続的に満たされている状態が、理想の人生と言えます。だから、自分のBeingを探し出すことは、理想の実現への近道になります。

そこで、ここではBeing探しの中で、最も重要なライフチャートの作り方を解説していきます。

Being探しのワークの最初のステップになるので、これを参考にして、やってみてください!

ライフチャートって何?

ライフチャートとは、自分のこれまでの人生で起きた出来事の中から、強く印象に残っていることを、振り返るグラフのことです。

これまでの人生の中で、嬉しかったこと、楽しかったこともあれば、悲しかったこと、辛かったことなんかもあったと思います。

ポジティブな思い出も、ネガティブな思い出も、全てグラフにすることがポイントです。

ライフチャートが必要な理由

Being探しにライフチャートが必要な理由は、そこに自分のBeingが存在するからです。

実は誰でも無意識のうちに、Beingに従って生きています。

喜びや楽しさなどのポジティブな感情が残っている思い出は、自分のBeingが満たされた思い出です。逆に悲しさ、辛さ、不安などのネガティブな感情が残っている思い出は、自分のBeingが脅かされたり、失われた思い出です。

それらの思い出の背景には、必ず自分のBeingが隠れています。

ライフチャート作りで大切なこと

ライフチャートを作る時に大切なことがあります。それは、感情を意識することです。

その思い出や出来事が起きた時に、どのような感情が伴ったかを意識して書き出してみてください。

人生で思い出に残っていることは、必ず強い感情と結びついています。それがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、強い感情が伴った出来事は、脳にハッキリと記憶されます。

感情を意識しておくことが、ライフチャートを作った後のステップで役に立ってきます。

ライフチャートを作る

まず、ライフチャートを作りは、リラックスして集中できる環境でやってください。

私の場合は、日常を離れた方が、より鮮明に思い出せるので、海や山にあるカフェなんかでやったりします。

自分がリラックスできる場所なら、どこでも良いので、そのような場所でやってみてください。

チャートを作る

チャートは縦軸を感情、横軸を年齢にして作ります。こちらの画像を印刷して使うと手っ取り早いです。

ライフチャートのフォーマット

ここに生まれてから、今までで、良くも悪くも思い出に残っていることを、点とその説明を簡単に書いていきます。

横軸の年齢は”高校時代”、”大学時代”、”独身時代”のような、ざっくりした表現で大丈夫です。

縦軸の感情は、嬉しさや楽しさのようなポジティブな感情が強いほど、点を上に書いてください。逆に悲しさや辛さのようなネガティブな感情が強いほど、点を下に書いてください。

これも自分の感覚で構いません。

これまでの思い出を全て書き出す

思い出や出来事はたくさん書き出しておいた方が、ライフチャートを作った後のステップがやりやすくなります。印象に残っていることは、できるだけたくさん書いてください。

自分が分かれば良いので、説明書きも簡単で大丈夫です。なるべく、たくさん書き出すことの方が大事です。

この例は分かりやすくするために、1枚に収めていますが、横につなげて2枚にしてもかまいません。

私の例

例えば、これは実際の私のライフチャートです。

ライフチャートの例

我ながら、アップダウンが多いですよね。Beingを意識せず、その時々の感覚で生きてきたからかなと思います…。

書き出すことは、何かの出来事だけでなく、”この時はこうだったなぁ”といった、継続的な状態でも構いません。

また、幼少期のような、小さな頃の思い出も、頑張って書き出してみてください。

小さな頃の出来事や生活状況は、Beingに強く影響していることが多いからです。

ライフチャートは作っているだけでも、色んな発見があって、楽しいものです。ぜひ、気軽にやってみてください。

まとめ

以上が、ライフチャート作りのやり方です。

この記事を作るために、自分のライフチャートをブラッシュアップしてみたのですが、その時間にも新たな発見があって楽しかったです。

定期的にライフチャートを更新していくと、自分の人生が前に進んでいることが実感できて楽しいですよ!

こうして作った、ライフチャートは次のワークで使いますので、大切に取っておいてください。

というわけで、次の記事では「ライフイベントの抽象化」について、解説していきます。

  • Xでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマーク