Life Modelとは?

現代の日本では、労働人口に占めるサラリーマンの割合は9割近くです。

サラリーマンという働き方は、安定した幸せな働き方というイメージでした。

しかし、そんなイメージは昭和のものです。

令和の時代の日本は、熾烈な世界との経済競争にさらされています。仕事のプレッシャーは激しくなる一方ですね。

努力しても、収入が増えないばかりか、現状維持のためであっても、無理を強いられる状況です。そんな中で、終わりのない成長を追いかけて、無理を強いられる生活をやめて、“自分らしさ”を求める人たちが増えてきています。

でも、問題は”自分らしさ”が分からないことです。

サラリーマンは組織に属して、組織の立てた目標を達成するために働きます。形の上では、個人の目標も立てさせられますが、実際にはそれは上位や会社が決めたものです。

そのため、極端な言い方をすれば、日本人のほとんどは自分で目標を決められないですし、決め方もよく分からなくなっています。

多くの日本人にとって、自分のライフスタイルは、全て仕事を中心に決まります。住む場所も、働く時間も、一緒に働く人たちも、全て仕事が中心です。サラリーマンにとっては、自分のライフスタイルなんてものを、改めて考えなくても、就職した時点で自動的にライフスタイルが決まってしまうのです。

だから、そんな人たちに突然「あなたにとっての”自分らしいライフスタイル”って何ですか?」って聞いても、答えられる人は少ないのです。

自分らしいライフスタイルを実現したいのであれば、その具体的なイメージが無ければ始まりません。

だから、その具体的なイメージ、すなわち『Life Model』明確にすることが、何よりも大切なんです。

Life Modelとは?

Life Modelとは、自分らしいライフスタイルの条件と、それを実現するために必要な力を合わせたものです。

自分らしいライフスタイルの条件

自分らしいライフスタイルと言っても、人によって、様々な条件があるはずです。

例えば、私ならこうです。

私にとっての自分らしさ

  • 時間や場所にとらわれない働き方
  • 住む場所は地方都市
  • 夏が暑過ぎない場所が良い
  • 職業は講師やコンサルタントのようなもの
  • 食料やエネルギーを自給すること
  • お金稼ぎは大変なので収入はほどほどで良い

他にもたくさんありますが、これくらいにしておきます(^^;

誰だって、たくさん条件があるはずです。しかし、自分でライフスタイルを決めるという経験をしたことが無い人にとって、自分らしさを考えることは、想像以上にこんなんです。

なぜなら、サラリーマンをやっていると、全てが仕事中心なるため、ほとんどの条件が非現実的なものになってしまうからです。

重要なのは、自分の中の精神的な壁を取り除いて考えることです。

自分の心を深く掘り下げて、時には客観的な視点を取り入れて、“自分らしさ”を追求する必要があります。

自分らしさの実現に必要な力

自分らしいライフスタイルが明確になっても、それを実現するためには、色んな力が必要です。

それが、次の4つです。

自分らしさ実現に必要な力

  • 自分の強み
  • 他人が持ってないユニークなスキルや知識

  • 人と繋がる力
  • 人を助けて価値を提供し、自分も助けてもらう力

  • 強みや繋がりをお金に換える力
  • 自分の強みをお金に換える仕組みを作る力

  • 忍耐して続ける力
  • 困難や失敗に健全に対処して行動し続けること

この4つの力は、形は違っても誰でも持っているものです。

例えば私ならこうです。

私にとっての4つの力

  • 自分の強み
  • IT、Webライティング、コンサルティング、SEOの知識

  • 人と繋がる力
  • 傾聴力、温厚な印象を与えること、リーダーシップ、悩みを見抜く力

  • 強みや繋がりをお金に換える力
  • ブログ運営、ブログ講師のコミュニティ、広告マーケティングの知識

  • 忍耐して続ける力
  • コツコツ続ける力、道が見えると突っ走れる、自分をモチベートする力

誰にでも4つの力は備わっています。しかし、これもサラリーマンをやっていることで、さび付いてしまい、自分でもその存在を忘れてしまうのです。

やはりこれも、自分の精神的な壁を取り除いて考えることが重要です。

両方を組み合わせることが重要

Life Modelは、両方を組み合わせることが、必要不可欠です。

“自分らしさ”というゴールを実現するためには、自分に備わった4つの力を最大限に活かすことが求められます。

どちらか一方でも曖昧なままでは、”自分らしさ”を具体的にイメージできません。

例えば私の場合なら、“ITスキル”“Webライティング”“SEOの知識”“ブログ運営”“ブログ講師のコミュニティ”“コツコツ続ける力”を組み合わせて、“時間や場所にとらわれない働き方”“講師やコンサルタントの仕事”という自分らしさを実現しています。

このように、自分らしさの実現とは、4つの力の組み合わせに過ぎないのです。全てが明らかになれば、後はただのパズルゲームです。

色んな“力のピース”を組み合わせて、“自分らしさ”という完成形を作るだけです。

でも、”力のピース”が足りない場合もあります。その場合は、足りないピースを補う必要があります。

Life Modelが分かると具体的に行動できる!

実際には、元々備わっている力だけでは、足りない場合がほとんどのはずです。

でも、Life Modelができていれば、何が足りないのかが、簡単に分かります。

後は、自分に足りない力を学べば良いのです。本や教材を購読しても良いですし、セミナーや講座を受講しても良いでしょう。

でも、もっと手っ取り早いのは、自分に足りない力を持っている人を見つけて、その人から学ぶことです。

その際に、学ぶべき相手は、自分が実現したいライフスタイルに近い人から学ぶことがポイントです。

そのような人は、自分に足りない”力のピース”を持っている可能性が高いからです。

上の図では赤線で囲んだものが、自分とほぼ同じ条件、赤点線で囲んだものは、比較的似ている条件です。そして、緑線で囲んだものが、自分が持っていない力です。

このようにLife Modelが明らかになっていると、自分が学ぶ必要なことが分かり、どのように行動すれば良いかが分かるのです。

Life Designのための一歩を踏み出しましょう!

現代の日本人は、自分のライフスタイルを自分で決める自由を放棄しています。

人生を自分でデザインする、すなわちLife Designをしたことがありません。そして、そもそも、そのやり方を学んでないので、今を変えたくても、何をすれば良いのか分からなくて、モヤモヤと悩んでしまうのです。

もしかすると、あなたもそのようなモヤモヤした悩みを、抱えているかもしれませんね。

だとしたら、ぜひ、あなた自身のLife Modelを作ってみてください。目指すべきゴールが分かると、悩みの半分は解消したようなものですよ!

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

生き方は自分で決める!

PAGE TOP