ブログ

ライスワークをして何が悪い!ライフワークとの違いを考えてみた!


かの有名な哲学者のソクラテスは「生きるために食べよ、食べるために生きるな」って言いました。

あなたも、食べるためだけに働くライスワークはやりたくないと考えるかもしれませんね?

でも、私はライスワークって、実はとても良いものだと思うようになりました。

心に余裕のある、幸せなライフスタイルを実現するためには、良いライスワークを持つことって、大切なことだなぁと思います。

私の人生を振り返ると、ライスワークが不安定な時に、心に余裕がなくなって、幸福感が下がっているんです。

あなたがもし、今の生活に不満があるとしたら、それはもしかすると良いライスワークを持ってないからかもしれませんよ!

というわけで、今回はライスワークとライフワークの違いや、ライスワークの大切さを考えてみようと思います。

スポンサーリンク



ライスワークとライフワークの違い

世の中にはライスワークとライフワーク以外にも、ライクワークなんて言葉があります。

ライスワークの大切さを考えてみる前に、そもそもこれらの3つの言葉の違いをおさらいしておきましょう。

3つの違い

  • ライスワーク
  • 生活の糧を得る事が目的の仕事。

  • ライクワーク
  • 好きだからやっている仕事。収入は二の次。

  • ライフワーク
  • 自己実現のためにやっている仕事。やはり収入は二の次。

ライクワークとライフワークの違いは、自分が好きで楽しいだけなのが”ライクワーク”、他人や社会にもメリットがあって、自分もやりがいを感じられるのが、ライフワークと考えると分かりやすいです。

便宜上こうして3つに分けていますが、それぞれは完全に別々に分けられるわけじゃないです。

サラリーマンで満足しているのであれば、きっとそれは“ライスワーク+ライクワーク”かもしれません。

私の友人には、発展途上国でお医者さんをしている人がいますが、その人にとっては医者は“ライスワーク+ライフワーク”かもしれませんし、単なる“ライフワーク”かもしれません。

こんな感じで、実際には同じ仕事でも、複数の要素が含まれる場合もあります。

だからライスワークが悪いって言っても、そんな単純な話じゃないってことです。

というわけで、どんな仕事が良いと言えるのか?次からはそれを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



ライスワークが良くないとされる理由

そもそも、なぜ世の中では、ライスワークが良くないものとされるのでしょうか?

冒頭のソクラテスの言葉で言われている”生きる”とは、単に命をつなぐことではなく、目的を果たすことを指しているわけですよね?

つまり、悪いのは何の目的も持たずに生きることなわけです。

ライスワークだけが良くない

いけないのは食べるためだけに生きる事なわけです。だからこの言葉は、収入目的だけの仕事自体を、否定しているわけじゃないんですよね。

実は自分の働き方を決める時には、これが重要なんです。

私は元々は、大手携帯電話会社のシステムエンジニアでした。

携帯電話業界は競争が激しいので、命令されることには、経営方針とか企業理念なんて感じられず、とにかく”安く速く”を追求しているだけでした。

何のために働いているのか分からない事は、とても辛かったです。

でも、同僚の中には自分が作ったシステムが、世の中の人の生活を便利にしていると確信して、喜んで仕事をしている人もいました。その人にとっては、きっと“ライフワーク”だったのだと思います。

ある人は『子供が生まれたから、奥さんの分まで働かないといけないんです!』なんて言って、頑張ってる人もいました。

その人にとっては、“家族を幸せにすること”がライフワークなのかもしれません。

同じ仕事なのに、感じ方は変わってしまうわけです。

つまり、本当の問題はライフワークが存在しないことなんです。

ライスワークが無ければ、そもそも幸せな生活をすることなんて不可能です。

私の場合は、サラリーマン時代はライフワークがありませんでした。

今振り返ると、ずっとライフワークを探し求めて、社会人のサークルに入ったり、ボランティアをやるなど、色んなことをやっていました。

でも、サラリーマンを辞めてからは、収入がとても不安定になりました。生活が不安定なので、ライフワークを追いかけてばかりいられなくなりました。

今は両方大事なんだなぁと、つくづく思っています。本当に豊かな人生を実現したければ、ライスワークもライスワークも両方必要なんです。

嫌いな仕事や健康を損なう仕事はNG

でも、ライスワークは大切って言っても、絶対にやっちゃいけない仕事もあります。

それは、嫌いな仕事や心と体の健康を失う仕事です。

そもそも、仕事って人生を豊かにするためのものなので、健康に悪影響がある仕事だけは、絶対にNGです。

『どんな仕事も基本的に大変だ!』なんて根性論は大ウソなので、絶対に信じちゃダメです!

そういうわけなので、健康的であればライスワークは絶対に必要です。じゃあ、これを踏まえるといったいどんな働き方が良いのでしょうか?

スポンサーリンク



ライスワークとライフワークを分けて考えよう!

ここまで色々と書いているんで、もうお分かりだと思いますが、理想的な働き方は、ライスワークとライフワークをバランス良くやることです。

人生を充実させたいなら、ライフワークが必要です。でも、ライフワークに集中したければ、ライスワークも重要です。

多くの人は1つの仕事に、この両方を求めてしまって失敗します。もちろん、1つの仕事がライスワークでもライフワークでもあるならそれが理想的です。

しかし、ライフワークだと思っていても、お金を稼ぐためにやりたくないことをやってしまえば、そうじゃなくなります。もし、それが嫌々やりたくないことをするのが、ストレスに感じるのであれば、ライスワークですらなくなってしまいます。

ライスワークとライフワークが一緒でも別々でも、”これは稼ぎのため”、”これは自分のライフワーク”と明確に分けて仕事をすることが大事です。

例えば、私の場合のナリワイは、大きく分けるとこの3つです。

  1. Webライター
  2. ブログ運営
  3. ブログ講師

この中でWebライターはライスワークで、ブログ講師はライフワークです。ブログ運営はライスとライフの真ん中くらいです。

ポイントは収入を安定させて、ライフワークをするための時間を増やすことです。ライフワーク自体が収入を生むようになれば、もちろんそれが理想的ですね^^

そのためには、稼ぐ金額を増やすことよりも、生活に必要なお金を上手に減らすことを考えると良いですよ。

詳しくはこの記事なんかが参考になると思うので、良かったら読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



まとめ

そもそも、長い歴史を振り返ると、ほとんどの人はライスワークしかしていませんでした。

“ライフワークが欲しい”なんて悩みは、昔の人から見ると贅沢なものなのかもしれませんね。

本当に充実した人生を送るためには、ライフワークを持つことが必要不可欠です。でも、ライフワークを持つためには、実はライスワークの質の方が重要です。

そしてそのためにはこんな条件を満たす、ライスワークを持つことが大切だと思います。

  • 健康に悪影響が無い
  • 時間を取られ過ぎない
  • 可能なら不労所得を生むこと

実はこれを実現しようと思うと、サラリーマンのような働き方では難しいです。

理想の働き方やライフスタイルを実現したいのであれば、自分でナリワイを作ることが必要不可欠です。

例えば、Webライティングを学べば、月5万円程度のライスワークならすぐに作ることができます。

今の時代は、色んな働き方ができます。

是非、自分に合ったライスワークを作ってみてください!

スポンサーリンク


あなたの頑張りは正しいでしょうか?

あなたは「頑張ってるのに、思い通りの生活ができてない!」なんて感じてませんか?もし、そうならこちらをご覧ください!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事 最新記事

ナリワイ作りのノウハウ

Good Enoughで行こう!

PAGE TOP